麻布 竹谷町

東京都 港区 南麻布1丁目の町会「麻布竹谷町」。ちょっと面倒でもあたたかい地域の絆を体験してみませんか?

議事録

麻布竹谷町会例会議事録 H24.7.12

場所:南麻布福祉会館(ゆうあい南麻布)A室
時間:19:04~19:45
人数:23名
司会:大塚明

◎北村会長より

こんばんは。町会長連合会の総会が有りまして、抜け出してきました。大事な町会のためです。ご審議よろしくお願いいたします。(Y.K)

◎子供会&防災訓練について

日程としましては8月26日(日)10時より開催すると言うことで。青少年部の部員の方は9時に集合。あと婦人部の方と役員の方スミマセンがお手伝い、9時半より集合していただいて前回同様手伝っていただきたいです。よろしくお願いします。(K.N)

はい。判りました(M.S)

出し物としましてはですね、輪投げ、それからスイカ割り、これフーセン代用ですね。フーセン割りですね。それから水鉄砲。的を頭につけて水鉄砲でもって遊ぶと言う、そういうような段取りでもって進めたいと思います。よろしくお願いいたします。これ時間的にはそのあと防災訓練なので、1時間、かかっても2時間はかからないとですね。(K.N)

いや1時間で終えてもらわないといけないです。(A.K)

判りました。そういうことです。続いて後一点連絡事項有ります。これはですね。「ラジオ体操」についてです。学校の方からチラシを頂きまして、7月の23日(月)より7月27日(金)まで。午前6時20分会場で、6時30分に始まるとの事です。雨天の場合には体育館を利用すると。それから後連絡事項としまして校庭内での喫煙、飲食はやめていただきたい。構内の周りに駐輪場がないので徒歩で来ていただきたいという事。ペット連れもやめていただきたいと。運動のしやすい格好。出来たら運動靴。と言うことで来ていただきたいとの事です。以上ですよろしくお願いいたします。(K.N)

東町小学校の学区域の6町会からお金を出して景品等を出しています。ある意味町会主催ですので、できるだけ多くの方に参加していただければと思います。次に26日の子供会のあとの防災訓練について防火部長よりお願いします。(A.O)

26日の午前、子供会の終わった後なんですが、麻布消防署のほうに連絡取りまして。今回起震車は都合が付かないとの事で駄目になりました。AEDと初期消火と煙体験ですね。

煙体験には電源が必要なのでガスボンベの発電機があるとの事なので、それ1週間くらい前に使用してみまして良かったらそれを使う。最悪は毎年同じなんですが高橋さん宅から電源を頂くということで、高橋さんよろしくお願いします。(T.T)

はい、はい。(K.T)

と言うわけで日曜日ですけれども役員の方、婦人部の方、防火部の方、町会員の方、で切る限り参加していただき、当日よろしくお願いいたします。町会ポンプを出して放水を行います。町会の防火部の方が少なくなっていてHさんが体調を崩し、相談したのですが出ることが出来ないとのことでした。私と倉坪さんで、私も用事が在ることがありますので倉坪さんを代表としてやりますのでよろしく。(T.T)

点検はするんですか?(A.K)

1週間くらい前に又連絡します。ポンプを出して試運転したいと思います。そんなわけで大変かと思いますが、当日よろしくお願いいたします。(T.T)

防災のほうから申しますと、D級ポンプ、できるだけ多くの方に触っていただいて、この人がいないと動かないと言うことではなくて、2~3人集まれば文殊の知恵で責任者がいなくても動かせると。町会全体で誰かが動かせるような状態にしておいた方が安心感が有るかと思いますので皆さん是非触っていただいて動かせるようにして頂ければと思います。あと、麻布消防団の団長の福沢さんと色々な話をしていたときに、「いまは水槽を組み立てて水をためてD級ポンプで出していますが、それでは実際のときには大変なので道路にある消火栓の枡に水をためてそこからポンプへ出すのをやってみたい」とのことを団長がおっしゃっていて、ご近隣のポンプも持って来て二本ホースを突っ込んでできるのかどうかとかをチョットやってみたいとの話がありました。もしかするととんとん拍子で進んでしまうかもしれないのですがよろしいでしょうか?(A.O)

そのほうが良いかもしれませんね。(T.T)

新堀の方と来週防災協議会で会いますのでその席でお話をしてみても良いかなぁと思っています。(A.O)

10時からですよね。(Y.K)

はい。(K.N)

10時からで、11時からで、で9時半に集まって?(Y.K)

ハイ、部員以外の方ですね。役員の方、婦人部の方にお願いしようと思っています。

やる以上は、部員は少しでも早く誠意を見せないと。(K.N)

今年は、スイカは用意なさるの?スイカ割りはフーセンを割るの?(M.S)

ええ。切ったりをお願いします。(K.M)

違う、スイカはある?買うの?(M.S)

ええ。一応その予定です。(K.M)

ハイ、わかりました(M.S)

有るんだったらお盆とか用意をしなければいけないので(R.M)

そうですね。

買う予定みたいです。(Y.I)

大きさにもよりますが、前回足りなかったんですよね。(T.A)

前々回が小さくて足りなかったと言う(Y.I)

小さい場合は個数を増やしてもらわないと(T.A)

去年は雨が降ってしなかったから。大きさによって。(Y.I)

ですから値段の許す限り、沢山。(K.N)

◎南麻布いきいきプラザの活動

ここ南麻布いきいきプラザで行っていることを町会の皆様にお知らせしたいと言うことで7月号のお便りをお配りしました。お風呂もタダですし色々なことをやっているので是非遊びに来てほしいと。特に裏側の「いきいき教室」生徒さん募集中です。ヨガ、エアロビクス、体操、ストレッチ、フラダンス、パソコンを特に生徒さんを募集しています。港区在住の50歳以上ですので全員が該当するかと思います。(A.O)

◎麻布寄席について

竹谷町会員の亀山さんのマンションの地下で立川三四楼さんの独演会を開くので来てくださいとのことです。(A.O)

ペットショップのあるところ?(J.Y)

横から入るの(Y.K)

横って村林さんのほうから行って?(J.Y)

そうそう(Y.K)

そこで落語会行われるので来てくださいとのことです。(A.O)

あそこ50人くらいは入れるらしい(Y.K)

前売り千円、当日千二百円と言う所で、二枚だけ招待券が来ています。行かれたい方はお申し出下さい。(A.O)

◎一時避難場所について

「いっときひなんばしょ」と読みます。何かと言うと、地震が有った時このあたりの広域避難場所は「有栖川公園」になっています。有栖川公園に逃げるために一時そこに集まって逃げていくための避難場所なんですが、もうこの竹谷町の近辺は火がゴウゴウと迫ってくることはありません。皆コンクリの建物が殆んどになってしまいました。ですのでこの場所はあまり必要ないのですが、役所と言うのは一度決めたことは訂正が出来ない所で、現在、竹谷町は東町小学校と佐藤渡辺の駐車場が一時避難場所として役所に登録をしてあります。そこに役所の人が来るかと言うと多分来ません。渡辺組さんは、昔は当直が誰かしらいらっしゃいましたが、現在は機械警備になっています。これを松井さんの「竹の湯」前にしたいなと思うのですがいかがでしょう。松井さん、お名前をお借りしてもよろしいでしょうか?(A.O)

会長ともお話しましたがそれは別にかまいません。判りやすいと言えば判りやすいので。

皆さんに何かをお知らせするにしても「竹の湯」前だったらわかりやすい。そこでハンドマイクなどで話せばよいのかなと。あそこに200人も集まると一杯になっちゃうけど。(M.M)

あそこに200人集まることはないと思います。今後災害が起きたとき、電話、電気が使えない状況になった場合、東町小学校には役所とつながる無線電話があります。色々な情報が学校には来ます。学校に来た情報を模造紙などに書いて張り出します。それを町会の誰かが伝令として見に行って竹の湯の窓に張り出すと。まぁ情報の拠点みたいな形として一時避難場所というのは使われていくのだろうと思われます。「竹の湯」というのは町会員以外でも有名なお風呂屋さんですから判りやすいと思います。では役所の方には竹谷町防災会の一時避難場所は「東町小学校」と「竹の湯前」ということで申請をさせていただきます。(A.O)

◎鉢洗いについて

9月15日、16日が氷川神社祭礼です。17日が敬老の日で休みです。A,B室両方が使えるのは17日、18日しか空いていません。17日は片付けがあり、鉢洗いの準備も大変かと思いますので9月18日(火)6時から鉢洗いを行います。

◎敬老のお祝いついて

いま回覧が廻っていると思います。賞品等については丸山厚生部長と石井副会長の方で検討中です。(A.O)

一件だけ戻ってきたのですが、一つのマンション全員が記載しないという希望で戻ってきました。記載しない人の人数はどうなっていますか?(H.I)

たとえば50人中5人が「記載しないで」となった場合、人数は50名と記載します。お名前を数えていただくと45名しか居ないとなります。(A.O)

昨年記載していた人が急に記載しないでくれと(H.O)

一人が書くと右にならえで。(A.O)

自分の名前は記載しないが名簿はほしいという人がいるのですが(H.I)

お配りするほうは全員に配っていますよね?(A.O)

全員にお配りするのがよいのか、町会だけで持っていたほうが良いのか。個人的に渡さない方が良いのか、自分の中で考えてしまって。(H.I)

名簿の中に自分の名前を入れないでくれという、それだけのことでしょ?(J.Y)

そうです。渡しても拒否した人の名前はないわけですから特に問題はないかと思うのですが。(A.O)

名前拒否の人を分けるのは配布するとき大変だよね(J.Y)

全体の名簿に載らないということでしょ。問題ないでしょ。その人達は(Y.I)

書いてない場合ははずしてますよ。名簿に名前を出さないでくれといったお家には名簿は渡してないです。(T.A)

あっ!渡してないの?(A.O)

ええ。渡してないの(T.A)

数が多くないから。いままでは(M.S)

私の管轄では一軒しかないから。記念品は渡すけど名簿は渡していない。統一した方が。

私は渡していない。(T.A)

統一見解がなかったから。

ご自分で申告していないから渡していなかった。そういう風に。人数が少ないからそれでイイナと思って(T.A)

自分の名前を出さないでくれって言ってるんだから、記念品は渡して名簿は渡さなくて良いのでは?(K.A)

私はそう思って(T.A)

本人は拒否しているのだから(K.A)

名前拒否の人には記念品あげないとか(K.A)

名前も年齢も個人情報ですので仕方ないですが人数が増えたとき大変な作業になるね(A.O)

全部に配るか。(T.A)

名簿を無くすか(Y.I)

名簿に名前を載せないでほしいといった人に名簿を渡さないと、本当に名簿に自分の名前が載ってないかどうかを確認できないですよね。それ難しいですよね(K.O)

自分の名前が無いから他の人の名前も必要無いのじゃないかと。(T.A)

最近になって載せたくない人の希望を取っていますよね。昔はなかった。申込書に書きたくない人の所へは記念品もいってないですよね。あくまでも記載した人に限ってお渡ししているわけですからね。(T.A)

個人情報がうるさくなってからですよ。その前は区から名簿をもらって配っていたんですから(A.O)

防災だとかの時に居場所がわからないのはどうかと。(A.K)

防災から考えるとあの名簿は住所もないですし年齢順に並んでいますから何処まで役に立つか。我々は何かの時のために名簿は一年間保存しています。(A.O)

名簿を作らなくてもいいかもね(Y.K)

楽しみにしている人もいる(A.O)

たのしみにしてるかねぇ。(Y.K)

上から何番目だといっている方もいらっしゃる(A.O)

《ここで、会長副会長で話をして》

どれくらいの方が掲載を拒否するかわからないですが今の段階ではそんなに多くはないので、記載を希望しない人には名簿を配らないということでいかがでしょう。(A.O)

申込書をチェックしながら配るわけですから(T.A)

とりあえず今年はそれで行きたいと思います。(A.O)

自分は出したくない。人のは見たいでは。それはおかしい。(M.M)

記載拒否の人で名簿がほしいと言われたら、役員会で名前を記載しない人には名簿を渡さないと決まりましたのでと申し上げて下さい。(A.O)

◎顧問の菅谷氏より

久しぶりで役員会に出席させていただきました。熱心なお話を聞いていて大変敬服しております。一年の移ろいは早いもので、もうまもなくお祭りだし秋の敬老もあるし、あっという間に一年が移り変わっております。日ごろから皆さん方、地元町会のために時には家庭生活を犠牲にしてもご尽力いただいて、本当に有難うございます。私も長い間竹谷町に住まわせていただきましたが、実は7月一杯を持ちまして孫達と一緒に三世代同居するんで転居することになりました。いろいろ町の人に聞き及ばれまして、町で声を掛けられまして、名残惜しそうに言っていただいた方が沢山いらっしゃいます。この町会、本当に情の熱い良い町会だなぁと本当に感動いたしました。
そんなことで町会顧問と言うことで大した役にも立ちませんでしたが、お祭りにはお振る舞いだとか氷川神社の山車のNPOに取り組んだりとか、色々有りましたが、なにせいろいろ頼まれてしましたがその後どうなったか、私さっぱりわかりませんですが、まぁ案じておりますが良い町にしていただきたい。特に防災の問題については防災協議会が有りますけれど、やはり町というのは特にここは都心でありまして、第一番に安全でなければならない。安全第一。町が町たる所以は安全第一。次にこういうところで生活するわけですので便利でなきゃならない。便利な所。交通アクセスがちゃんと整っていて、何処へ行くにも、病院へ行く、買い物に行く、色々有るでしょう。さらに快適な町。便利で快適でそして第一に安全。第一に安全というのは防災に大変大事なことで。我々もいつ何時大震災が起こるかわかりませんが、防災対策が色々な施設だとか心構えとか、色々な資材を整えるとかありますけれど、一番大事なことはリーダーが大きな声で「右へ避難してください。左へ避難してください」と大きな声で指示をする。聞こえなければ指示をしたことになりませんから。ましては廻りに伝わらずパニックになって多くの人が惨事に、あるいはパニックに巻き込まれたら大変なことになる。ですから大きな声でちゃんと伝わるようにやっていく。情報を提供していく。防災対策とはそんなものが基本だと私は思っています。
かつて私が若い頃この町に来まして、区役所で防災活動などやっていて渡辺組に夜な夜な16ミリ映写機を担いできて住民組織の方と、色々皆さんと協議した懐かしい思い出がございます。この竹谷町が良い町、私たちのふるさとと思っています。幸い北村会長さんに代わられてみんな挨拶しようと。朝あったら「おはよう」昼会ったら「こんにちは」夜会ったら「こんばんわ」と声掛けようと。そういう日ごろの習慣がいざ災害のときに役に立つとそんなことをつらつら思います。防災対策というのはそんなことが基本かなと思っております。本当に皆様方には大変長い間お世話になりました。ありがとうございました。7月をもって世田谷の方に転居したしますのでお世話になったお礼を申し上げてご挨拶とさせていただきます。有難うございました。(S.S)

本当に色々お世話になって残念ですが、止めるわけにも行かず。お元気でお過ごしいただければと思います。(A.O)

◎今後の予定

次回は8月9日(木)7時からA室で例会です。