麻布 竹谷町

東京都 港区 南麻布1丁目の町会「麻布竹谷町」。ちょっと面倒でもあたたかい地域の絆を体験してみませんか?

議事録

麻布竹谷町会例会議事録 H23.10.13

場所:ゆうあい南麻布A室
時間:19:00~20:08
人数:22名
司会:大塚明

◎北村会長代行より

今晩は。8月9月と忙しくありがとうございました。子供会は中止になりましたが9月に入り敬老のお祝いがあり、扇子を気に入った方がいらっしゃると聞きました。良かったと思います。祭礼には大勢の方が集まりました。大震災があり自粛をしないといけないかとも思ったのですが、盛大に盛り上がりまして、やる限りはやっちゃおうと思いました。多少疲れましたが無事終わり皆様のお陰と感謝しています。
交通安全が9月にありました。いろんな行事が皆様のお力を借りて無事終わりましたことを報告致します。まだ防災訓練とか夜警とか色々ありますが、今年残り少ないですが頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

◎祭礼の反省

≪収支決算について≫

お配りした資料のまとめだけ読まさせていただきます。支出合計が1,322,079円です。奉納金が137口で1,379,000円です。参加人員が増え支出も増えています。胸に着けるリボンは在庫があったので今年はゼロです。全体に少しずつ増えています。
あとお酒は26本缶ビール4箱、ジュース3箱、お菓子、焼肉、ピザで3口の奉納品がありました。升本さんにお酒を引き取って頂いた分が21,750円です。収支としては56,921円のプラスです。

町会から10万円を入れていますので、それが無いとマイナスです。人数が多く大変でしたが一応まぁまぁ良いのではと思います。(丸山)

町会員にお配りするチラシです。寄付を頂いた方のお名前が並んでいます。見て頂いてお気付きの点があれば訂正します。基本的に頂いた袋に書かれている名前をそのまま記入しています。中には達筆の方がいて間違えることもあります。

渡辺さんが親子で渡辺、渡邉となっているが(村林)

頂いた袋に描いてあって名前をそのまま写しています。初めてのお名前も散見できます。金額は多くないですが増えてきていると思います。

≪交通部から≫

今年参加者が多く、このまま増えるとカバーしきれなくなるかと感じます。(村林)

おまわりさんが居るでしょ。一番危ないのは仙台坂の行き来。それと氷川神社の出たり入ったり。あれさえ出来れば絶対大丈夫なの。この町入ちゃえばなんでも無いの。(高橋)

神酒所の前での始まり終わりのときがあやしいんだよね。子供がいたり。最後の頃はめちゃくちゃになっている。人数を増やしてもらえないと。(村林)

何人くらい(北村)

具体的には分からないが。皆、役が付いていて人がいない。最近酒を飲まないのでいろんな事が見えてきちゃって。最後まで酔っていないので危ないなぁ、危ないなぁと思って。来年考えていただければと。(村林)

今この役員だけではなく、毎年お祭りに出てきてくださる方でお願いできる人にお願いするとか、何かしら考えて人を増やす方向がひとつ。それから出発、帰着時に問題があるならば仙台坂の所で車を止めてしまうのは難しいですかね。

警察の許可が取れるのかどうか。(村林)

道路使用許可があるので、そこまでやっても良いと思います。本村町会などは三町会宮入のときなど完全にストップさせています。

両側から入ってきます。(林)

反対側も村林さんの方へ誘導します。

本村の場合は他に抜ける道があるので許可しているのでは。戸田さんのところから入ってもらうようにし竹の湯前から抜けてもらい、反対側は村林さんの方に抜けてもらえば多分ある程度の時間止められると思います。(松井)

専門の人がいたほうがいいのでは?(石井)

言うよりも書いて置いたほうが良いのでは(松井)

かえって人がいない方がよい(村林)

紙に書いて貼っておけば(林)

警察官がいるじゃない。それとの兼ね合いが(村林)

多分この時間だけと迂回路を書いておいて、これでどうですか?と聞いてみれば早いのでは。仕事でもそれやっています。OKでますよ(丸山)

逆に言えば交通部の人数を増やさなくても立て看板で済んでしまいます。

おまわりさんが来ているのだから頼んでしまえば(石井)

止めろという指示が出ていれば現場も動きやすいと思います。

≪バギーについて≫

今年は全体の人数も増えましたが、バギーのお母さんがとても多くて、山車と子供神輿の間に居たい様でとても危なく、神輿の後ろに移動してもらったのですが、子供のことが心配なのか段々前に出てきてしまいました。次はバギーを山車の先頭のほうに移動してもらいました。(大塚恵子)

俺の考えでは、山車の後ろ、子供神輿の前がいいんじゃない?(高橋)

あそこ皆入ってこないのよ。子供の脇に付いていたいのよ。邪魔なのよ。子供神輿と山車の間を少し空ければ良いのでは(石井)

子供神輿がゆっくり来てくれればいいんだけどね。早いんだよ(高橋)

ただこちらが動くのにバギーってとっても邪魔なので前のほうに居てくれると嬉しい。バギーの親は太鼓のそばが好きみたいで、バギーを前にやれば小さい子が前に行き危険も少なくなり安心なんです。(大塚恵子)

でも村林さんの前を通る時、両端にバギーがいて危ない。だから前のほうが良い。(牧野)

どうしても子供のところに付いちゃう(村林)

一人が神輿で、一人が山車だとその間に居たいみたいだが、神輿は係りの人に任せてバギーは前のほうに行ってほしいと話をしたが中々動いてくれない。ルール作りをしてほしい。色々なことを考えると山車のロープの前のほうに固まってもらうのが安全でもあると思います。(大塚恵子)

引っ張るロープの内側に入ってもらったらどうなの(村林)

(あぶない。アブナイ。危ない。の声多数)

播磨さんからは「大人でも入るな」と言われている。(大塚恵子)

道が狭いからバギーはどこに居ても邪魔なのよ。バギー無しでおんぶしてもらうとか。(石井)

それが一番なんだけど(大塚恵子)

チラシ、パンフレットで出来るだけバギーは遠慮してもらうことをアナウンスすることが第一、どうしてもバギーで来るのであれば山車の綱の前の方に居てほしいと(大塚)

1回、前のほうに行ってもらうようにお願いしましょう。(北村)

太鼓と子供の神輿の間のほうが良いと思うけどな(石井)

子供のそばに居たいのだから難しいと思います(大塚恵子)

半分くらいは大人が引っ張ってるんでしょ?(北村)

いや子供が引っ張っている。(石井)

言ってみればパレードなんだから、山車があって、次にバギー団体があって子供神輿があっても。それで大人神輿があって一つのパレードと思えば。(安倍)

バギーを太鼓の後ろにすると3歳4歳の子が太鼓の回りに集まりますよ。子供は独りで行かないし、親も離れたくないし。バギーと子供はセットなんです。(大塚恵子)

危ないよね(林)

さっきの石井さんの一番前は駄目だよという理由をもう少しお話いただけます?

一番に持ってちゃうともっと駄目になるのでは。(石井)

一番前は危険なのでは。(吉岡)

絶対はみ出てきてしまう。列がみだれますよね。(石井)

一番怖いのは山車って倒れたことがあるじゃないですか。その周りにバギーがいるって怖いんだよね。

太鼓の周りにいっぱい居るんですよね、後ろに行けと言ったんだけど、ハイって言って又前に来るんだよね。(石井)

後ろというのは難しいのではないかと。お菓子を配るのを先頭から配るとか。

歩いているとき前のほうに持っていくと列が乱れるのではないかと。(石井)

その危険性だけであれば、山車の後ろ、子供神輿の前に集めてとしても、山車の回りに来てしまったときに山車が転倒することもありえるわけで危険ではないかと。

バギーに乗ってる子供は少ない。荷物を載せるために使っている。(芦田)

疲れたら乗せるつもりなんでしょうが、やはり、第一はバギーを遠慮してもらう。次に太鼓の回りに行くなと最初のアナウンスだけでなく随時アピールしていくことでしょうかね。危険性の度合いを考えると前のほうに持っていったほうが良いかと思います。

≪お菓子の数≫

お振る舞いをしていただいたところで菅谷さん、水沼さんのところでお菓子の数が足りなくなりました。今までですと50個くらい用意していただいたと思うのですが今年はお子さんが60人を越えていて、足りない分を町会にあるお菓子を代用させてもらいました、(石井初枝)

今年は最初から子供の数が多くて13~4名いつもより多かったです。土曜、日曜延べで40名くらい多かったです。お菓子も足りないくらいで。(曽根)

大体トントンで終わったのかな。

最後のほうで2つが1つになったり、大人の方が少なくなりました。(曽根)

大人は良いのでは。

お振る舞いしている方にはお願いしてね。(お願いしてお振る舞いを出してもらってる)町会で足りないところ準備したら。(北村)

戸田さんのところは良いものくれると子供は知っていて、50位頂いても足りなくなってしまう。(曽根)

でもこっちが増やしてくれって言うのは。(北村)

いいじゃないですか、お願いに上がったとき、お蔭様で最近は子供の数が増えまして申し訳ないが十ばかり増やしてくれって言えば。

今年はどうしたの?戸田さんの所。(石井)

足りなかったんです。それで神酒所にある焼きそばを上げるからって。(曽根)

身内の孫に我慢してもらったんです。石井さんのお孫さんに我慢してもらいました。(大塚恵子)

出すほうもこの数で足りるか心配しています(芦田)

出すほうからすれば足りないことは恥ずかしいことですからお願いしていけば大丈夫と思います。

追加でお願いしますって言って無いんでしょ(石井)

当日は無いですよ。間に合わない(村林)

今までよく後ろに予備があったんですが、今年はそれでもなかったんです(曽根)

升本さんが予定の数量をお振る舞い先に言って用意しているようです。菅谷さんのところで到着前に足りないことが分かっていたので升本さん、菅谷さんに言って違うお菓子を届けてもらいました、泉水舎さんも絶対数が足りないから泉水舎さんに言ったほうが良くないかと升本さんに言ったら「俺はそんなこと言えない」と言われましたが、それは泉水舎さんが恥をかくことになるからと言いました。
升本さんは10個別のものをもって行ってました。それでもぎりぎりだったようです。戸田さんのところは日曜午前にあんなに集まったことが無かったので。(大塚恵子)

前に武内工業所さんでも足りなくてお願いに行ったことがありました。二つ返事で快く数を増やしてくださいました。見栄の世界の話ですから出すほうからすれば足りないのはかっこ悪いわけです。一言お願いすれば大丈夫です。

ちょっと違うと思う。お願いしているわけだよね。準備してくれて、今回人が多かったわけだけど、私は足りなければ町会で足りないところを用意したらどうかと(北村)

それは絶対違うと思います。まずもらう子供からすればなぜ自分だけ違うのかと思うし、それこそお振る舞いをする方からすれば足りないのは絶対恥ずかしいですよ。(大塚恵子)

それをこっちで把握しておけばいいじゃない。(北村)

同じものが揃わないじゃない(吉岡)

子供は同じものがほしいんです。役員の孫はいつも違うものになっちゃいます(大塚恵子)

恥ずかしいってのが分かんないんだよ。俺。(北村)

北村さんのおっしゃっているのはお振る舞いを進んでやってもらっているんではなく、頼んでお願いしているからということだと思う。(吉岡)

ウン、頼みに行っている。(北村)

本来、ふるまいは進んでやってくれるもので、今は事前にお願いに行って振舞ってもらっている。それを増やしてくれというのはおかしいのではと北村さんは言っている。(吉岡)

大塚さんの考えと違うのだろうけど、私のところでも数は多く出ました。最低でも100個用意しておいて60人かそこら、今年はもっとでした。うちは150円前後のお菓子なんですが足りないといやなので多めに用意します。(松井)

それは内輪のことが分かる人の感覚で。(吉岡)

松井さんの考えと他の振る舞いの方の考えが一緒とは限らない。一概には言えない。(石井)

お振る舞いをお願いしておいて、いきなり足りないからあんた出してくださいよって言うのも失礼な話で。(石井)

いつも3人でお願いに行っていますが、「お願いすれば出してくれるのではないか」というのが大塚さんの考えですよね。(松井)

きつく言うのではなく「すもません、このごろ多くなりまして」ってやんわり言えばよいのでは。(芦田)

大体言っておけば分かるじゃないですか。100個も200個も増えるわけじゃないんだし。という考え方として。(松井)

だからお願いしに行くときに「人数増えてる」みたいなことを言ってお願いすればいいんじゃない。(石井)

井筒先生が「升本さんに言ってもらったら」っておっしゃっていたのですが、良い案かとも思います。(石井初枝)

升本さんに「昨年10個追加したけどどうする?」って簡単に聞いてもらえば。町会が言うのは言いにくいし、出すほうの恥も何も無いよ、出しているんだから。何個足りなくなくたって恥なんか考えないよ。(井筒)

升本さんも嫌がっている部分もある。(石井)

升本さんは「いくつ用意しすれば良い?」って聞かれて用意しているので、その数が違っていたので「言えない」って言ったんだと思います。(大塚恵子)

来年の話なんだから用意する数を升本さんに「数量を増やして」って言ってもらえば良いのでは。一番穏便ではないかと思う。(井筒)

戸田さんは自分で用意しているそうなので、夫人部長か何かが行って、「いつも数が多くなっちゃってすいませんねぇ」って言えばそれだけで意味が分かるよ(井筒)

戸田さんのところは人気があって子供の数がって?(曽根)

普段からそういう会話をしていれば(井筒)

普段会ったことがない(曽根)

北村さんのご意見で役員がお振る舞いのお願いに上がるとき、やんわりとお願いをするということになりました。

子供の数が増えるっていい事だよ。(安倍)

≪その他≫

杉山さんのところでトイレを借りに入った人が中でやっている個人的宴会に参加している人がいたと聞いた。(石井初枝)

知り合いの方?

いや、全く関係ない方みたいで。ダンナが酔っ払っていて「どうぞ、どうぞ」って言ったみたいだけど。(石井初枝)

どうぞって言っちゃったらしょうがによなぁ。断ってもらうしかないですよね。

知らない人も多いですからね。役員さんに言ってもらうか、断ってもらう。

鳶の話はどうなるのでしょうか(丸山)

今年は渡御についてこないように申し渡しました。それ以上の進展はありません。

このまま来年もですか?(丸山)

はい。

ぐれてはいたけれどね(松井)

渡辺さん自体はグジュグジュと二日間不服そうな顔してた。言動にも表れていた。後は本人の出方を見るしかないですよね。(石井)

また来年の間際にドタバタするのはなぁと(丸山)

こちらの基本方針はこのままと言う事でいいんじゃないですか?

◎港区総合防災訓練について

防災訓練のときに私の思いとしてはゆうあいでお弁当飲み物を用意して皆さんに食べてもらうことをしようとしました。私自身だけでなく副会長、色々相談して今回は朝、竹の湯前に集合して六本木中学に行って帰りにゆうあいに寄ってください。ゆうあいを取ったのですが午後からしか取れなくて、私のほうは11時半頃にゆうあいにお弁当と飲み物をそこで配っちゃうかゆうあいが上手く空いていれば入れるんですが一応午後からの分で取っておきましたので実際にはお弁当と飲み物を渡して解散になっちゃかも知れませんがこのやり方にしたいと思いますので、皆さんで執行部で決めましたのでこういうやり方でやります。
防災訓練は朝9時に家の火元の確認とかしていただいて六本木中学に行きます。向うではお土産とかそういうものは注文してますのでそれをもらってゆうあいに集まってください。(北村)

ポンプは訓練するのですか(林)

竹谷町としてはやることは無いんで、使わしてくださいとのことで。(北村)

松井さんのところに9時でいいの(石井)

9時に地震が起き戸締り火の元をして集合という考え方です。

向うは何時からなの10時?(吉岡)

受け付けは9時開始となっています。

ヘルメットは各自持って来てください。ない方は町会のがあります。新しく作ったベストを配布しますので着用してください。解散時返してください。

今年も炊き出しに行くのですか?

行きます。食べに来てくださいね(曽根)

竹谷町だけでなく他の町会に振ってくれとお願いをしてあるのですが。

他の町会からも何名かずつ来ています。いままでは赤十字の方がほとんどやっていたのですが。みんなに伝授して覚えてもらっています。(芦田)

◎新年会の日程について

1月1日が日曜日で7日が土曜日で

昨年北村さんから料理が多すぎるのではとの話がありましたが。(吉岡)

弁当にしたら(石井)

1月7日(土)AB室開いていました。5時半からしか使えないそうなので午後も取りました。(大塚恵子)

議員さんが何人来るか分からないのでお弁当をやめたんですよ。

少数意見かもしれませんが「議員さんに弁当渡すのは要らないのでは」という話が私のところに入ってきています。(吉岡)

町会は回覧で人数が決まるので議員さんどうこうは関係ないでしょ。お金もらってやるんだからとりあえず一人ひとつ付けたほうが良いのでは(石井)

やっぱりお正月だからお寿司がいいわねと思っちゃうのですけれど(曽根)

大きい桶ではなく、寿司折を一つず付けて、後オードブルを用意してはどうですか(石井)

食べるほうとしては一人一個ずつのほうがいいよね。お寿司はだよ(高橋)

私個人の考えとしては敬老のときでもお弁当を出していますよね。後片付けのときでも、そこで食べなければ持って帰れば良いんで、婦人部さんに迷惑掛けることもないし、残った物をどう処分するかが一番問題でなにか適当に残るかもしれないが(北村)

お弁当と後、乾き物にしちゃえば簡単で(村林)

他の物はあとにして一づつ付けたほうが良いってことでしょ?(石井)

誰に迷惑掛かるか、町会の皆さんで後片付けしているからそれで良いんだけれども、個々にしちゃったほうが良いんじゃないかと。(北村)

座敷のときは1500円の寿司折と婦人部にオードブルを作ってもらっていたのだけれど、婦人部に負担を掛けたくないし、人数も増えてきたので立食を始めたのです。それと婦人部に作ってもらっていたものを大皿の料理にして立食にしたんです。初回はサラダばかり残ったので、次の会はサラダをやめ豪華にしたのだけれど普段食べているものに比べるともてあますようなものもありました。で、あまったところを北村さんの目に入ったと思います。たとえば1500円の寿司を2000円にしてあと千円分を飲み物と乾き物。乾きものなら袋に入れて持って帰れますし。(吉岡)

お弁当なら食べない人は持って帰れるから良いんじゃないの。食べても持って帰っても(石井)

脂っこいものが駄目になってきていて、和風のお弁当でも(吉岡)

寿司、寿司がいいんじゃない(村林)

正月らしいものを、簡単といえば簡単だよね。それを望みたいんだよね。(北村)

それで良いんじゃないの(村林)

具体的には又ということで、方向としてそういう方向で考えていただければと思います。よろしくお願いいたします。

祭りの話を蒸し返して申し訳ないが頭が捨てるゴミの件で一悶着あったの知っている?(吉岡)

ハイ。知っています。なんでああなったのかが良く分からない。

安請け合いをしたんだろうとは思うが。(吉岡)

話はつけました。自分のゴミなので町会のゴミも入っていたようなので、30万払ったときに後1万円を千円札で払いこれでゴミ処理券を買って処理しろと言いました。(北村)

今までご祝儀として1万5千円払っていたのがゴミ処理券に変わったわけで。

イヤ、変わんない。あれは払わなかった。(北村)

だから…。

◎秋の交通安全運動について

秋の交通安全運動無事に終わりました。立ち番の方、のぼり旗等の設置、片付けありがとうございました。(村林)

◎全国地域安全運動について

10月11日から20日まで全国地域安全運動を実施中です。ポスターを貼りましたがAKB48だったので次の日には無くなっていました。ガラスのあるところは残っていますの見てください。また坂上も残っていました。坂上、坂下の民位というか品位というか何となく感じています。

夜警の日程は?(北村)

まだ11月で良いのでは?

◎今後の予定

次回例会は11月10日に予定しています。