麻布 竹谷町

東京都 港区 南麻布1丁目の町会「麻布竹谷町」。ちょっと面倒でもあたたかい地域の絆を体験してみませんか?

議事録

麻布竹谷町会例会議事録 H23.8.11

場所:ゆうあい南麻布A室
時間:19:00~20:15
人数:22名
司会:大塚明

◎北村会長代行より

今晩は。今日は最高みたいで非常に暑いです。子供会21日、敬老のお祝い、お祭りと行事が目白押しです。皆様のご協力無しでは済みませんのでよろしくお願いいたします。

今日は時間を気にしながら早く終わりましょう。よろしくお願いします。

◎祭礼について

≪御酒所について≫

今週初め登坂さんのところに北村さんとお願いに行きました。本日お目にかかってお聞きしたところお貸しいただけるとの事でした。後はお振る舞いのお願いに廻ります。(松井)

今年は登坂さんの所を神酒所とすることがほぼ決まったと言うことです。渡辺組さんの方も昨年は「特別だからね」と言われておりましたので良かったと思います。(大塚)

≪役割分担について≫

昨年の役割分担表です。昨年同様でよいでしょうか?

花崎さんが入っていないが?(牧野)

土日は野球で忙しいので(石井)

手伝う手伝わないは別にして名前を入れておかないと必要じゃないと思われるのでは?(牧野)

この表は実際に動ける方の分担表です。これより一回り小さい色刷りで町会員にお配りしている紙にはお名前が載ると思います。この紙は実際に動いていただける方のみを書いてあり、役員会のみの内部資料です。(大塚)

交通部の井口さんが今年は駄目ですね。(村林)

菓子の吉岡さんも(石井)

Tシャツの小野さん。(牧野)

中藪さん、今年はどうでしょう?(大塚)

今年も手伝っていただけるよう声を掛けてみます。(松井)

昨年までは本部、神酒所が一緒になっていましたが、本部と神酒所を分離し、本部に会長、代行、副会長とし、神酒所の責任者を石井さんとしてお願いしたいとなりました。(大塚)

ハイ、分かりました(石井)

これは先日北村さんともお話をしてそうさせていただくことになりました。(大塚)

相田さんは私からお声掛けします。(大塚)

岡村さんどうですかねぇ。昨年不快な思いをさせてしまって…。(大塚)

頭はくるのかね。運行の係りになっているがうるさいんだよ(高橋)

運行のほうはともかく設営は頭に頼むわけで、それはそで良いのだけれど、運行のときは手を出すなと、もし何なら私も言わせてもらいますけどね。もし今年も頼むのであれば運行は町会役員で行うとハッキリ伝えたらいいんじゃないですか?(安倍)

今までの流れでいけば今年も来るだろうと想像はしているが(松井)

今のお話だと運行からはずせば問題ないだろうと(大塚)

はずしても多分金額は変わらないだろうと(松井)

それはしょうがないでしょう(との声、多数)

山車は高橋さんにやって頂いてるんだから頭がやると言ったらお断りすればよい。(石井)

頭が来なくて播磨さんだけ付いてくるのはOKなのか。両方とも来なくてよいと言ってしまうのか(松井)

播磨さんはいいじゃない。(安倍)

ここで役員共通の認識として頭は着いて回らないでとなれば誰が言われても町会で決めましたと。播磨さんだけ付いてきてくださいと(大塚)

それは言い方があるんだよ。えらいひとは動いちゃいけないんだと(安倍)

その辺任せますんで。播磨さんには来てほしいけど、頭は来ないでねと、安部さんが中心になって言っていくということで。(大塚)

昨年、「俺もう来年は来ないから」って言っていて、「その方がいい」と答えておいたのですが「来年はこの人が」と紹介もされています。体を休めたほうが良いと言っておきました。(石井初枝)

そうなればよいねと三人でも話したんですが、どうなるか(松井)

敬老の日の午後に祭礼の説明会を行います。10日ほど前に説明会のご案内を個人名を入れてお配りします。お手伝いしてほしい人がいらっしゃいましたら、一人でも多くお声掛けをしたいと思いますので、推薦をお願いいたします。ご連絡を下さい。昨年手伝っていただいた方などにキチンと名入りでご案内をしたいと思います。(大塚)

三町会のあれはどうなるの(村林)

連合渡御については前からお話をしているように、土曜日夕方の連合宮入は行いますが、日曜午後の三の橋からの連合渡御は行いません。町内をしっかり廻る基本に戻りたいと思っています。(大塚)

本村は竹谷町を通るの?(牧野)

8月15日に3町会連絡会議があります。それまでは分かりません。出来るだけ通らないようにお願いしますが、公道ですので強くは言えません。(大塚)

そういう話があったと伝えてください(牧野)

話があったこと事態は竹谷町のホームページを読んでいていただいていますのでご存知です。(大塚)

昨年、飲み物をリヤカーに積んで神輿について回りましたが今年はどうなりますか?灰皿とか。(石井)

リヤカーは飲み物が入っていたの?(牧野)

ウーロン茶を積んでました。3町会の連合渡御のとき、長時間になるので一緒に廻っていたのですが、上手くお振る舞いのところを入れ込めば必要なくなるかも知れません。神輿のコースを組んでみないと分からないのでしばらくお時間を下さい。(大塚)

それは要所において置けばよいのでは?(村林)

誰が置きに行くかですよね。交通部でお願いできますか?(大塚)

去年は3町会連合のときにお茶を持って廻ったのですが、今年は子供神輿も一緒に最後まで廻るということですよね。そうなると両方の面倒を見ることは出来ません(大塚惠子)

女神輿はどうしましょう。女神輿をやるのだとすると子供は途中で返します。(大塚)

リヤカー出す必要は無いのでは?(石井)

女神輿を出すのであれば全てのお振る舞いを終わった後になり、リヤカーは必要です。(大塚恵子)

子供には可哀想ですが一部のお振る舞いは大人だけで伺うことに組みなおせばリヤカーは必要なくなります。(大塚)

子供たちはお振る舞い先でお菓子をもらうのを楽しみにしているので、子供たちを先に返してしまうとチョットかわいそう。(大塚恵子)

女神輿も出したいでしょ?(大塚)

出したほうが良いでしょう(石井)

せっかくやってきたんだもんね(松井)

たとえば女神輿の時間を3時から4時に遅らせてお振る舞いを終わらせておくとか、リヤカーについてもらって町内を大人だけ出回るとか、色々考えられます。どちらにしろお振る舞いの場所が決まってからということで(大塚)

女性の人数は足りる?(牧野)

毎年かき集めてもいますが、ここ何年かは十分な人数です。

升本さんに行って帰ってくるだけじゃないでしょ?(牧野)

ここ何年も連合渡御は女神輿と男神輿の2台が出ています。人はいます。(大塚)

人気が出てきて若い人が増えてきた。(松井)

子供が終わってからのほうが落ち着いて行けますよね。(芦田)

◎氷川神社について

神社の総代会が7月26日にありまして、その時に神社の奥のほうの入り口の鳥居が壊れたそうで建て直しをしたいとの話がありました。読ませていただきます。「大正14年建設の鳥居が老朽化及び地震の影響でひびが入りました。竹中工務店に調査を依頼した結果、放置すれば崩壊の恐れがあり大事故につながるとの事でした。5月12日に鳥居を解体しました。神社としては再建したいので総代会でお願いしましたが、費用も掛かることですので各町会にご理解とご支援をお願いします。」最初竹中で見積もったところ700万円くらいとの事でした。他の材質での金額も出ています。これを元に各町会で話して又集まることになっています。写真を廻します。13尺(4メートルくらい)だそうです。

これは基本的に神社の持ち物?(石井)

氏子のものです。麻布氷川神社は独立しているそうです。収支決算の話がありました。駐車場もありますが氏子にしか貸していないそうです。駐車料金が年60万円くらいしか計上されていないのでお聞きしたところ、一般的な駐車料金を徴収すると固定資産税が高額になるため、氏子の依頼により一筆書いてもらい月額数千円で貸しているそうです。神社の全収入として590万円/年です。支出がそのくらい。

鳥居の修復に町会が金を出すかという話ですか?(石井)

そうです。

氏子に取りに来るじゃない。お金を(村林)

そのお金は118万円。(松井)

何軒くらいでしょうかね(村林)

すごく少ないようです。一口200円ですから。あとお払いとか。神主さんが個人的に皇居に勤めているので生活費になっていると思います。(松井)

あと竣工式とかはこの中に入っている。(村林)

お供物を売却したと思われるものが52万、初穂料が139万円、お札などの売上が123万円、雑収入が68万円、大祭費が71万、合計560万で駐車料金が23万しかないということは一台あたり数千円になります。鳥居の再建費685万円の見積もりです。(松井)

一町会あたりいくら位になりますか(石井)

14町会で割ると50万円くらいです。一律で来ると思います。竹中で見積もりを取りましたが他の材料の見積もりも出ています。総檜で作ると1350万円掛かるそうです。ステンレスで1000万円、スティールで950万円、普通の石で700万、輸入品で450万円、コンクリートで400万円、塩ビでやると100万円と出ています。(松井)

竹中でやると決まったことなのですか?(井筒)

決まってはいません。竹中は安くは無いと思います。(松井)

それはどこが決定するのですか?(井筒)

総代会だと思います。(松井)

同じ仕様で小野さんが本職なんですからいくつか聞いていただいて、それを竹谷町から上げても良いのでは?(井筒)

お金の絡む話なので一度町会に持って帰って、改めて話し合うことになっています。中には5年の月賦ではなどの話も出ていました。(松井)

松井さんとしては竹谷町としての答えを持っていけばよいのですよね。データで持っていって竹谷町としてはこういう意見ですとすればよいのでは?(井筒)

整理すると竹谷町として再建に対しイエスかノーか。金を出すか出さないかを決めないといけないです。(大塚)

今どうなっているの。(牧野)

横に置いてあります。解体費は神社で払ったと言ってました。神楽殿の一部も壊れたのでそれも神社で修理し支払ったそうです。(松井)

総代会の雰囲気としてはやらなければしょうがないだろうなという雰囲気でした。ただお金は安いほうがいいですよね。(松井)

昔、屋根を葺くので一口3000円を出させられ、総代と町会長がけんかになり、町内会がガタガタになったことがあった。お金がからむと。町会で出すにしてもどう集めるかですよね(村林)

町会で出すのか、個人に振るのか(石井)

町会で出すと、政教分離だから文句を言う人も出てくる。その辺微妙な問題が出てくる。簡単なことではないと思う。(村林)

そこで町会の祭りの会計には準備金が残っています。特別会計になっているのでそこから支出したいと思っています。お祭りは毎年やっているわけだしその為のものだと思います。一番問題ない方法だと思います。(松井)

そういう微妙な問題が出てくるから、お金に関しては難しい(村林)

町会で受けて町会で支払えればそれでよいのでは(石井)

ウチの町会だけ出さないというわけにもいかない(松井)

そりゃ行かないよね(石井)

とりあえず竹谷町としては鳥居の再建に反対ではない。ついては小野さんにお知り合いに聞いてみていただき、何か良い案、良い見積もりがあれば、それを竹谷町としての意見として松井さんに持っていってもらうということでお願いします。あとは松井さんにお任せするしかないので。(大塚)

◎総務のお仕事について

前回北村さんから総務の仕事が忙しいのでどなたか引き受けない?という話が出て大もめになりましたが、その時に総務の仕事って何やっているの?との話があり、先日自分なりに書き出してみました。右側が総会、祭礼、例会などの行事です。左側が仕事の内容です。矢印が集中しているのが「各種文書作成」です。
今日どうこうという話ではないのですが今後パソコン作業、事務作業をやっていただく方、男性でも女性でも。女性でも婦人部に所属しないで総務部所属で役員になっていただく方を探していく方法が一つ。もう一つは数代前の会長の時の町会活動に戻す。いま毎月例会を開き、議事録を作りワーっとやってますが、今こうしてみると私が作り出した仕事が多いので次の方にお渡しするのに申し訳ないところもあります。昔の町会のように、現在の他町会の活動くらいまで戻せばあまり負担が無いのかなぁと思います。
議事録の始まりですが、昔、役員会は年に3回か4回開かれて会議をしました。会議で決まったことが全く無視され、昨年までと同じことが繰り返されていました。そこで名前入りの議事録を作成し発言に責任を持ってもらうためでした。あんなの要らないとなれば普通の議事録みたいにA4一枚に決まったことだけを箇条書きにすれば良いし、月例会も年数回なら電話連絡か何かでも良いとおもいます。竹谷町の活動が活発すぎるので昔に戻すのがもう一つの方法。かなぁと個人的には思っています。(大塚)

佐藤さん、岩崎さんの時代のやり方で、結構上手くやってきたのではないかと思うのですが、もどして町会がうまく行かなければしょうがないけど、そんなに変わらなければそれでも良いのでは(牧野)

なぜこのような色々なことをやってきたかというと、大人神輿を出せないような状況があったわけです。女神輿なんてとんでもない話でした。それを何とかしようと松井さんが言い出したことですが「月一回例会やろうよ」と岩崎さんを動かし、あれもやろう、これもやろうとなり、お蔭様で昨年の打ち上げに多数の人が集まるようになってきた。自分の町会の関連だけで神輿が出せる。それも二台。そこまでやって来た。そのためにこれだけのことを積み上げてきたという事なんですよ。それをやめて、他の町会のように人が集まったときだけ神輿を出す。あるいは子供神輿だけ出す。そういう風に元に戻すよということであればずっと楽になる。それは私が決めることではなく、役員の皆様でどっちの方向に行くかを考えていただき、それに対応すると思っています。(大塚)

何でもかんでも大塚さんに任せちゃうわけで大塚さんに重荷になるわけだよ。だからお祭りの担当にまかせちゃえばいいのよ。(牧野)

だから担当の方は誰がいますかということですよ。パソコンを使って打ち出してくれる人が、誰がいますかということなんです。(大塚)

大塚さんがパソコンのホームページを更新してもらって、若い人で町会に興味を持ったりする人からお電話があったり、色々あります。役割が多いとの事ですが、パソコンが出来る人が町内にいるということで、役員にはならなくてもお手伝いできる人に入ってもらいたい。将来役員になるを含めお手伝いしていただける人を探したいと思っています(北村)

パソコンパソコンというがパソコンはどこからどこまでやるの?お祭りの担当の方が書き出してパソコンで総務に打ってもらってもそれでもいいんじゃないの。何でもかんでもパソコンでやるから大変なんで担当が書いて総務でパソコンをやればそれでいいんじゃない?(牧野)

だから、どっちにしたって人なんか入ってこないってョ。いままでずーっとやっててさぁ、情けないことに入ってくれて良いなぁと思っているとしばらくするといなくなっちゃう。また元の木阿弥で同じ人がやっている。(村林)

それじゃ話は進まないからョ(北村)

でもさ、将来の事言ったって、駄目なものは駄目なのよ。だから現状で内々だけでできるような体制を組まなかったらどうしようも無くなっちゃう。いつも誰か入れる、誰か入れるといっているけど誰か入ってきて定着した。今こんなこと言っちゃあなんだけど。ないでしょ。だったら大塚さんも大変なんだから?前に戻るという感覚ではなく、やりやすい方に中身を持っていったら良いといつも思う。(村林)

一番文書作成が多いですよね。この部分がパソコンでやると言うことなんですか(石井)

たとえばこの例会のお知らせですが日付を替えて議題の内容は私が考えるわけですよ。会長に電話して他の議題を聞いて、あとは機械ですから印刷をすると氏名欄が自動的に変わっていきます。(大塚)

文書作成のところを町会の中、役員の中で応援してくれる人がいればいいわけだよね。村林さんが言ったみたいに(石井)

それが無理だって、そんな奇特な人いないよ。(村林)

そのために我々は話し合っているわけでしょ(石井)

新しい人がだめなら役員の中で出来る人にやってもらうしかないわけでしょ。それしかないじゃない。あれは駄目だ、これは駄目だと言っていたって。(石井)

俺が言っているのは、人を頼んで他の人にやってもらうのはまず難しい。(村林)

難しいと言っちゃうとそれで終わっちゃうので、「何とかしよう」という事でいきましょうよ。今日明日どうこうではなくパソコンの出来そうな男性でも女性でも探すという気持ちがあれば声を掛けるじゃないですか。(大塚)

議事録をキチンとやってくれていて嬉しいのだが、もう少しページ数をへらしても(北村)

簡単なものでも良いわけですよ(石井)

議事録を保管するだけで配らなくてもいいんじゃない(村林)

先ほど申しましたように、なぜ議事録を配るかというと、誰が何の発言をしたかの記録ですが、発言をしたご本人にも分かってほしいんですよ。言い放しになっちゃって、過去において勝手なことばかり言っていた人もいたわけです。会議で決まったことを無視する方がいたから、「あなた、こう言ったじゃない」とみんなが言えるものだったわけですよ。合議制でやる場合、歯止めというのは必要ですよね。議会では皆議事録を取っています。

今後の方向として「パソコンが出来る人を探してほしいよ」って話です。僕が考えながら打っている部分もかなりあるので全てをお任せするのは難しいとは思っています。(大塚)

役員になるのはいやだと、パソコンだけならやってくれる人がいると思うんだよ(北村)

現状では現在の役員の中で探すのが早道かと(石井)

ホームページを見て聞いてくる人は若い人なんですよ。(北村)

さっきから言っているように今ここでどうのこうのという話ではありません。1年2年先にという話です。(大塚)

◎東町小学校ラジオ体操決算について

7月21日から26日の5日間参加頂いた方、少数ではありましたがありがとうございました。収支報告書がPTAから来ています。収入11万円に対し、支出が109,905円。ありがとうございますとの事です。

◎港区総合防災訓練について

先の話ですが10月16日(日)に六本木中学校で港区総合防災訓練が行われます。例年の通り9時に地震が発生しますので戸締り、火の用心をして竹の湯前に集合してください。

内容はほぼ一緒です。少し変わるのは先日3.11の地震の際、近所の事務所の人たち、観光できている人たち、一般の通行人が避難所に逃げてきていました。道路に面した東町、麻布小学校には沢山の方が避難してきました。

それは竹谷町とかどこで受け付けたの?学校で勝手に開けたわけではないでしょ(牧野)

勝手にというか開けることになっています。そのときの話をチョットします。当日私のうちはたいしたことも無かったので、自転車で町内を一回りして、何となく小学校に行きました。そこには3,4百人の方が校庭に避難していました。主に近所のサラリーマンの方々が多かったです。(大塚)

その段階で誰が学校の門を開けたの(牧野)

学校が開けます。学校はまだ空いていました。ちょうど児童の引渡しが終わった段階でした。そこで学校は門戸を開放しました。学校としては地震の時には避難所としてトイレを貸す、水、食料を提供するために開放することになっています。
私もあわてて倉庫の鍵を開け、最初に大型のテレビを校庭に出しました。逃げてきている方々は何が起こっているのか全く知らない方が大部分でした。暗くなってきて雨が少し降ってきました。4階の片隅に防災倉庫があり、避難してきている方々にお手伝い頂き、バケツリレー方式で毛布、水のペットボトル、乾パンを下ろしてもらい配布しました。体育館に入っても良いがとても寒い。会社に帰った方が良いとお話をし、三々五々お引取りいただきました。
乾パンを配ったんですが、近所の主婦の方、よく見てますよね「あら!これ今月が賞味期限よ!」って言われました。あんな状況でもしっかり見られました。最終的に26名の方々が旧幼稚園の部屋で一夜を過ごしたそうです。学校の先生方全員に待機命令が出て帰宅できなかったので私はお任せして帰ってきてしまいました。
今度の防災訓練で帰宅困難者や観光に来ている人をどうするかの指針が出れば展示されると思います。田町駅東口の再開発の予算を150億ほど削り、防災に廻すことが決まっています。ただ何に使うかは分かりません。海岸沿いの液状化、防潮堤のかさ上げなどを望んでいる人もいますし。六本木周辺では治安維持に金を使ってくれと言っています。
先日お約束をした竹谷町のベストが出来ました。ご覧下さい。名前が着脱式です。10月の時には皆で恥ずかしがらずにこれを着て避難訓練をします。

個々に配るの?(村林)

倉庫に置いておき必要なときに出して着用します。(大塚)

子供会は着ないの?(北村)

子供会はTシャツで(大塚)

子供会で着たい(牧野)

倉庫にありますのでご自由に。返却してください。お願いします。

今度の敬老の日の祭礼打ち合わせの日にポスティング用の祭りチラシを配ります。ポスティングを全戸お願いします。

当日打ち合わせがありますが大丈夫ですか?

山の上は大丈夫ですが、下は手伝いに来た人にもお願いしたほうが。いっぱい色々なものを持つのが大変なので会議終了後に配ります。地図で区分けを願います。昨年は会員に先に配ってしまったので混乱し、足りないところと余ったところがありました。断られたところもありました。

クリーニング屋さんに子供会のポスターを貼ってもらった所、場所を聞かれました。色々なところで宣伝をするのが良いと思います(芦田)

◎今後の予定

8月21日(日) 子供会&防災訓練

9月4日(日) 敬老のお祝い&祭礼打ち合わせ

9月10日(土)・11日(日) 祭礼

9月13日(火) 鉢払い