麻布 竹谷町

東京都 港区 南麻布1丁目の町会「麻布竹谷町」。ちょっと面倒でもあたたかい地域の絆を体験してみませんか?

議事録

麻布竹谷町会例会議事録 H23.4.14

場所:ゆうあい南麻布A室
時間:19:01~20:03
人数:25名
司会:大塚明

◎北村会長代行より

こんばんわ。来月の総会が近づいてきました。大事な議題の一つです。まだ余震がつついていて、毎日揺れているようで落ち着いて仕事が出来ない気がしますが、今日は無いと思いますが、落ち着いてお話し合いをしたいと思います。よろしくお願いいたします。

◎総会について

≪日時≫

昨年は5月29日の土曜日、6時から行っています。今年は5月28日が土曜日になります。

前の週ですと21日です。問題が無ければ5月28日(土)6時からで決定とします。

≪流れ≫

流れはいつもと一緒です。開会の辞の後、会長挨拶。北村さんにお願いします。議長選出で北村さんが議長となります。議事に入り、平成22年度の事業報告は印刷されたものを皆さんに読んでいただきます。

各部長さんは今月中に22年度の事業報告を提出してください。(北村)

ポストに入れておけばよいですか?(林)

はい。いいです。(北村)

次に22年度の収支決算報告ですが、本来ならこの場で皆様にご覧頂かなければいけなかったのですが。

ちょっと先週、不幸がありまして監査を受けるのを来週にすることになりましたのでお詫びと、丸山さんのほうで資料を作ってもらっています。会計監査の石井さんの監査を来週受けられるように進めて行きたいと思います。その時予算も出ますので来年度は旅行もありますので予算に組みたいと思います。よろしくお願いします。(北村)

我々も総会当日に決算を始めてみることになりますが、一つ信じていただき役員の中から質問が出るのも形の良くないものなので、出来るだけ終わったとソット聞いてみることで収めていただければ嬉しいなと思います。

≪監査報告≫

続いて監査の石井さんより監査報告です。「問題なかったよ」と報告をしていただきます。

≪22年度に対しての質問≫

質問を受け付け、拍手を頂き、決算、事業の承認となります。

≪組長への記念品贈呈≫

22年度に組長をやっていただいた方々に「お疲れ様でした」の意を込め、記念品の贈呈を行います。ここまでが22年度の報告です。

次に23年度の事業計画に入ります。

≪役員改選≫

畠山さんが引っ越されました。

防火部に倉坪さんをお願いします。(林)

小野さんの所属が決まっていないのですが、朝の交通立ち番は大丈夫でしょうか?畠山さんが抜けて、井口さんも後ほどご挨拶がありますが少し町会活動を休むといわれていて。

大丈夫ですよ。(小野)

では交通部ということでお願いします。

はい。分かりました。(小野)

会長代行を3年やってきました。お祭りの後、体調を崩し20日以上入院し、気弱になっています。私は知らなかったのですが実際には危なかったようです。いま薬を飲みながら食事を注意して過ごしてます。松井さんも竹谷町の顔ですのでお元気になったら会長に戻ってもらおうと。もともとは会計というポストで丸山さんにも迷惑を掛けていますのでこの際、松井さんが会長をやっていただけることを願っています。

代行というのも色々ご意見があり、役所の仕事も大変なので松井さんに負担が掛からないように副会長3人と一緒に話し合って、私が代行を続けたのですが、松井さんのお話を聞いて、実際にはやめたいと。出来れば会計に専念したいということでお願いできればと思っています。疲れてはいけないなど負担があり、疲れると動悸が激しくなり息苦しくなります。この際誰かお願いできればと思っている所存でございます。皆様の意見もまとめていかなければいけないのですが代行を何時までも続けるものではないと最近思っています。(北村)

病気以後、北村様初め皆に迷惑を掛けて申し訳ないと思っていますが、北村さんの奥さんからも「私に言ってくれなければ困ると」言われたこともありました。このままで済ませてもいいのかなとも思ったのですが総会で改選期ですので決めておかなければいけないと思いました。私の気持ちとしては女房からも「やめたのに」といわれています。人手が無く仕事との両立が難しいです。

北村さんが私以上にやっていただいているのは強く感じています。もう少し手を抜いても良いのかなとも思っていました。竹谷町は皆様のご協力で大きな活動をしています。いつも思っているのは若い人に入っていただきたいとは思っています。北村さんがやめたい。私がやめたいでは当然まずいだろうなとは思います。話をしておかなければいけなかったのですが。前に比べれば元気になりましたが、この間やれということであれば何とか続けられそうな気はしますが、皆様がそれで良いと言っていただければそれでも良いのですが。北村さんにも申し訳ないですし。皆さんの意見を聞いてみたいと思います。(松井)

会長がいて、副会長と色々決めてきていて相談もしなかったので。(北村)

副会長が3人いるのだから北村さんがそういう気持ちなら他の副会長が代行をするとか。

そういう形にするのか。会長になる人がいなければ代行を他の副会長がするしかない訳で

それとも全く新しく会長を選出するのか。(石井)

「北村さんが代行を2年以上勤めているのはどうなんだ」と言う話もあります。「会長がいても顔を出してくれない」とのお話もありました。私は「会長の具合が悪いから北村さんが代行でやっています」と話をしますが、「竹谷町はまだ代行なのか」と言われています。「お前の所はどうなっているんだ」と言われます。北村さんも健康でなければ代行を辞めて会計として仕事していただいて、後は会長がやる気が有るか無いかと言うことです。(牧野)

まぁ酒も呑み初めはじめていますが…。昔ほどは(松井)

健康上の問題で勤まるのか勤まらないのか、ここをハッキリ言ったほうが良いのでは。(牧野)

副会長等に相談もせず、総会間近にこんな話をしたのは申し訳ないですが、勤まるか勤まらないかですが私自身は勤まらないと思っています。(松井)

今すぐ決めろと言うのは(村林)

だけど総会があるから(松井)

総会まで後一月くらいで、その間に会長を決めてどうのこうのと。こういうのは一年近くかけて考えていかなければ。(村林)

会長、代行のお話をお聞きしていたのですが、代行を決めた時点で次の会長は見つからなかったのでしょうか?候補者をあげて皆の相談していただければと思いました。(小野)

今回は総会間近で今から会長を決める決め無いの話は無理。間に合わないでしょう(村林)

間に合う間に合わないじゃなく、会長がやる気があるかどうかですよ(牧野)

もう体が続かないと言っているんでしょ。そこで時間を掛けて話さないと総会まで毎日集まって話さないといけなくなってしまう。(村林)

話し合ってなんていっている場合じゃないかと(牧野)

今回は暫定的に昨年と同じにし、それから話あっては(村林)

今、村林さんがおっしゃったように、もう来月が総会なので大変でしょうがこのままやっていただき、その中で話をしていってはどうでしょう。総会に向けてとりあえずこのままやっていただければと思います。(芦田)

一応会長と肩書きがあり、この何年かは色々改革をやってきました。私がやったと言うより皆様に引っ張っていただきました。前々からの腹案が実行できたと思っています。やる気があるかと問われると会長としてのやる気はありません。話し合いの中で松井が会長の肩書きを持っているなら代行を引き受けても良いと言っていただいたので、トロイカ体制である程度決めて皆様に相談してやってきました。北村さんからは会長の承認をと言う事で色々気を使っていただきました。気疲れから病気をなさったかとも思います。

昔、会計だった桧垣さんから「リーダーだったらビジョンを持っていないといけない」と言われていました。ビジョンがあったとしても到底動けないと思います。普通の自治会なら新しいことを行う自治会はほとんど無いような気がしていて住みやすい町になれば行政とやっていくしかないと思っています。牧野さんがおっしゃる会長としてやりたいのかと言う意味なら「やりたくない」と答えるしかない。正直言って会に出てくるのをやめようと思っていたこともありましたが、北村さんにお願いしていました。(松井)

松井さんの体のことが心配で、区からの付き合いとか、書類の多さとか松井さんに負担を掛けたくないと思い安易に代行を受けてしまいました。松井さんの事が心配だったので副会長と仕事を分け合う形で代行を受けて何年か経って「いつまでやってんだ」「お前やればいいじゃないか」と言われているうち具合が悪くなっちゃって、健康上のことが心配になっちゃって。(北村)

五郎さんのおっしゃっていることは単刀直入で分かりやすいのです。右か左かで。たとえば僕の仕事をやる気あるのかと聞かれれば「やる気あります」と答えます。だけど5月28日の総会でこの話は重いと思います。23年度はこの体制で行きませんか?一年かけて執行部で話をしてもらい役員会に議題としてあげてくる。役員会の中で二人が体調不良でリタイヤしたいとなる。じゃあどうしようか?と言う話をこれからするのだと思います。お二人の体調のことはよく分かります。いまここででは(井筒)

もちろんここで結論を出す話ではなく総会までは会長代行でやっていただいて、そこからだと思います。体のことは僕らにはわかりませんからね。(石井)

現体制で行かなければ総会が乗り越えられないと思います。(井筒)

めちゃくちゃになってしまう。報告までは会長代行として職務を全うしていただいて。(石井)

総会に役員改正を出さなければ(松井)

このままで総会を越え一年かけて話し合うと言うことで。次の体制を(井筒)

役員改選を生かすならいますぐやらなければいけない感覚です。(石井)

役員会で、現体制でいきましょうとなればそれで総会を済ませ、その後の話ではないですか?(井筒)

他の方のご意見としては?安倍さん何か?(北村)

私しゃべっちゃうとなにか廻ってきちゃうのではないかと思って。今、井筒さん、村林さんがおっしゃったように、このままで行って、今年いっぱい位で、役員会でその都度は話し合いの機会を作っていただき何回か話し合っているうちに煮詰まっていくのではないかと思うのですが。ベストは北村さんがやっていただければ良いのですが、お祭りでお疲れになって、ご家族がお医者さんから言われてと先ほどおっしゃってましたが、大変な状態であったんで寿命を短くしたんでは申し訳ないから、いま小康状態でいらっしゃるようなのでお祭りが終わった後くらいまでに徐々に決めていけば良いのではないかと私は感じます。(安倍)

大塚さんは?

突然の話でビックリしています。今ここで言い出すのではなくもう少し前に話があれば良かったと思います。年齢で考えれば次は安部さんなので安部さんが「良いよ」って言ってくれれば今度の総会は済んでしまいますが(大塚)

いやいや(安倍)

会長さんの仕事ってどんなことをやるの?(吉岡)

外部との繋がりの席がかなりあります。(大塚)

町会の各部、交通とか。それには関係あるの(吉岡)

直接的には全く有りません。役所との関係の会議、また麻布地区町会連合会などです。(大塚)

その中でドンナ話をするの(吉岡)

大体は役所からの一方的な話です。(大塚)

そう言うの無視している町会、解散した町会もある位です。たとえば募金活動などを言ってくるわけですよ。やめてしまった町会もあります。竹谷町は東町小学校を中心として六町会の繋がりも強いです。色々な席に顔を出さないと、各町会長とコミュニケーションも取れないし親しくなれません。他の町会となんでも付き合えというわけではありませんが、たとえばお祭りで連合渡御をやるようになったのも過去の積み重ねがあったからと思います。(松井)

50円の葉書で呼び出されると。町会活動をやめてますが、新一会の会長が言ってました。それも普通の日の昼間呼び出されると仕事を休んで出なければいけない。新一会はマンションだけになり川淵一列で世帯も少なくなり、ツイン一の橋が抜け、次ぎに会長をやる人が急に亡くなって、人が居ないので町会が解散してしまいました。(村林)

どなたか「会長やります」という方、居ません?私やっても良いという方が居れば話は済むのですが。いらっしゃら無ければ皆様がおっしゃるように時間を掛けるしかないのでは?(大塚)

北村さんも突然言い出しても。(村林)

良く考えたかえら今日の話になったのでは?

前回の例会に続き突然言い出して申し訳ない。あまり溜めたく無いので(北村)

松井さんが会長になったとき、人柄温厚で、代行の北さんもどちらかというと温厚で、温厚な人が町会長をするのがベストだと思います。(安倍)

先生、やらされるよ(井筒)

イヤ俺は○△…□*~あわわわわ、わたしは別なんですがネ(安部)

最近まなざしがお優しくなられたように思います(大塚)

昔は怖くて怖くて仕方が無かったんだから(村林)

とりあえず23年度は現行でいきませんか?(井筒)

―拍手あり―

総会では会長が交代するという話は出きませんので、あくまでもこの体制で行くということで話を進めます。(大塚)

≪各部長挨拶(事業計画)≫

各部員の紹介もお願いします。

≪平成23年度の予算≫

会計丸山さんより報告してもらいます。バス旅行の他に予算をつけてほしいということがあればおっしゃってください。昨年石井さんのほうから「六本木中学で行っている防災訓練の時、町会名を記したベストを作っては」とのご意見がありました。予算化してください。

名前をつけるとき「麻布竹谷町」だけにしておくと、防災以外の時にも使えるのでは?(村林)

≪質問受付≫

質問を受け付けて、無ければ拍手で承認をもらいます。

≪議長解任≫

新組長さんの紹介をします。

≪閉会の辞≫

安倍さんにお願いします。

順番を入れ替えて閉会の辞の後に、防災協議会の話をします。この間に懇親会の準備をお願いします。皆様帰らないでそのまま懇親会に移れると思います。準備の具合を見ながら私の話を調節します。

ひな壇に座る方々はネクタイ着用でお願いします。

総会前に定例会がありますよね。内容的にはそのときで(曽根)

あっ、そうか5月の定例会が総会前に出来ますね。12日ですね。

その時に予算とか(曽根)

お弁当の予算ですか?昨年どおりでお願いします。

次の定例会で決算関連のご報告が出来ると思いますので質問を先にしておいてください。

◎災害時の避難所見学について

4月23日(土曜日)13時から東町小学校で避難所を見てみようということで皆様に見ていただく会を行います。ぜひご参加下さい。新堀のD級ポンプとつないで2台連結をやってみたいと思っています。

◎東日本大地震義援金ついて

麻布地区町会連合会から義援金の募集がありました。締め切りが4月7日でしたので会長、代行とお話をして新潟のときと同じ10万円を寄付することにしました。「新潟の時より範囲が広いから金額を増やしたら」と申しましたところ、松井さんから「新潟のとき竹谷町の金額は突出していた」とのお話で、同金額としました。寄付を集めようかとの話も有ったのですが婦人部に負担が掛かるのでやめました。

◎日比谷花壇のチャリティについて

日比谷花壇の金澤さんよりホテル大倉主催、港区後援のチャリティコンサートがあり、会費2000円を日比谷花壇が負担するので参加者を募集してほしいとのお話があり、急遽ポスターを作製して掲示板に貼り出しました。しかし張っている最中に留守電が入り「ホテルからの連絡で満員となった」との連絡が有りました。張った上から「満員御礼」の紙を張りました。ご了承ください。

◎井口さんよりについて

1年間、村林部長の下で微力ながら交通部会、お祭りなどお手伝いをさせていただきましたが、3月11日の地震で手前どものビルで問題が発生し、水が出たりエントランスにひびが入ったり、自分のビルで突然停電が起きました。事務所ビルを住居用に改築したときオール電化にしたものですから電気がとまると何も使えません。水もビル屋上タンクに電気でポンプアップしていますのでこれも止まりました。会社が所有しているビルが千葉にもあり被害が出ています。耐震診断したところかなり危ない状況です。そのようなわけで一時休会をさせていただきます。

◎井筒さんより

私事ですが竹谷町の小川ビルさんに選挙事務所をお借りしまして7回目の竹谷町での選挙をさせていただきます。皆様よろしくお願いいたします。(井筒)

◎都知事選と区議会議員選挙について

都知事選の投票率ですが8,200人くらいの有権者数に対して4,000人を越える方が投票していただきました。ありがとうございました。また4月24日は区議会議員選挙です。どうぞ皆さん投票に参加してください。北村さんのお嬢さんに二十歳代の立会人として参加してもらいました。お知り合いに二十歳代の方がいらしたら参加するようお声を掛けてください。

◎次回の予定

5月の例会は12日(木)を予定しています。